2019 最安値価格!!一流店”を実感!本物保証・不良補償・紛失補償で安心お取引。

【3月下旬以降】 Nikon/ニコン SB-N10 水中スピードライト

【3月下旬以降】 Nikon/ニコン SB-N10 水中スピードライト

e44bef0c2b825863

税込62,765 税込40,797
割引: 35%OFF
個数 


この商品の特徴

Nikon/ニコン SB-N10 水中スピードライト (SBN10)

発売日:2014年5月
Nikon 1の性能を、水中でも存分に発揮できる水中スピードライト
ガイドナンバー28(陸上値、ISO 100・m)の高い発光量や露出補正機能を備え、水深100mまでの水圧にも耐えられます。
Nikon 1用のウォータープルーフケースに固定し※1、水中でもクリエイティブなライティングで撮影できます。世界初※2の防水・耐衝撃レンズ交換式カメラNikon 1 AW1にも対応※3しています。



※1 水中ブラケット SK-N10A(別売)と水中光ファイバーケーブル SC-N10A(別売)が必要です。
※2 2013年9月19日現在、発売済みのレンズ交換式デジタルカメラにおいて。ニコン調べ。
※3 水中光ファイバーケーブルアダプター SR-N10A(別売)と水中光ファイバーケーブル SC-N10A(別売)、および水中ブラケット SK-N10A(別売)が必要です。



クローズアップ撮影やダイナミックな表現が可能
水中の撮影シーンや被写体に合わせて選べる4つの発光モードを採用。手軽に使える調光補正機能付きのTTLモードで撮影したり、マニュアルで発光量を調整することもできます。また、対応レンズ1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6 PD-ZOOMの短い最短撮影距離と高い最大撮影倍率を活かし、被写体に近づいて大きく写すクローズアップ撮影の際も、 SB-N10なら光量の調節が可能。さらに、近寄ることのできない被写体を広角でダイナミックに表現したい時も、十分な光量が確保できます。
※調光補正機能付きのTTL モード撮影とマニュアル発光モード撮影は、Nikon 1 J4、Nikon 1 AW1で使用できます。



より広範囲を照らす水中ワイドパネルSW-N10A
水中ワイドパネル SW-N10A(付属)を活用すれば、より広い画角に均一な光を当てることが可能です。照射角度は110°×110°。光が拡散されるので、より広範囲の被写体を照らすことができます。

持ち運べるコンパクトな設計
コンパクトなNikon 1にマッチするシンプルなデザインを採用。小型・軽量なので持ち運びにも便利です。

入手しやすい単3形電池を使用
電源には、アルカリ電池、またはニッケル水素充電池の単3形を同一種類で4本使用。外出先で電池が切れても入手しやすく、また、充電の必要がないので安心です。

【仕様】
●ガイドナンバー  
  ・28(FULL発光時) * 陸上値(ISO 100・m)
  ・20(水中ワイドパネル使用時)
●照射角
  ・80°×80°
  ・110°×110°(水中ワイドパネル使用時)
●調光範囲   0.3 ~ 4m(ISO感度、絞り値によって異なります)
●電源ON/OFF  モードダイヤルによる切り換え
●操作部
  ・モードダイヤル
  ・ターゲットライトボタン(ON/OFF)
  ・調光補正/光量調節ダイヤル
●色温度   5600K(FULL発光時) * 陸上値
●使用電池  次の単3形電池の同一種類を4本
  ・アルカリ電池
  ・ニッケル水素充電池
●動作表示(レディーライト)
  ・赤色点灯:調光補正対応のTTL モードで充電が完了し、発光可能
  ・緑色点灯(2秒間):自動調光を実行
  ・青色点灯:調光補正非対応のTTL モードで充電が完了し、発光可能
  ・赤緑交互点滅:電池残量切れ、またはスピードライト内部の温度上昇
  ・赤色点滅:スピードライト内部の温度上昇
●発光回数
  ・アルカリ電池:約180回
  ・ニッケル水素充電池:約220回
●最短発光間隔
  ・アルカリ電池:約2.5秒
  ・ニッケル水素充電池:約1.8秒
●使用温度   0℃ ~ 40℃(水中)
●本体材質   ポリカーボネート樹脂、ABS樹脂
●耐圧深度   100m
●寸法(W× H × D)   約87×133×140mm(突起部を含まず)
●質量    約627g(本体のみ)
●水中質量    約90g(電池含む)
※本文および仕様中のデータは特に記載のある場合を除き、全てCIPA(カメラ映像機器工業会)規格による温度条件(23℃(± 3℃))で、新品電池使用時のものです。